Welcome to Molecular Recognition Chemistry Research Group Webpage

Our group belongs to Department of Applied Chemistry, Osaka Prefecture University (OPU).

私たちは 大阪府立大学大学院 工学研究科 物質・化学系専攻 応用化学分野の分子認識化学研究グループです。

★ Research Interest

Optical, electrical and electrochemical interpretation of molecular recognition in the biosystem is a key factor for the development of next-generation devices such as sensors, electronics, and energy conversion-system etc.

Research in our group involves understanding and utilization of 'Chemistry' in the biosystem through nanobio-assembling techniques using nanoparticles, functional polymers, biomolecules and cells. In our laboratory, research is being carried out using various chemisty (Physical Chemistry, Inorganic Chemistry, Analytical Chemistry, Electrochemistry, Biochemistry, Polymerchemistry etc.) as a tool.

★ 研究について

センサ,エレクトロニクス,エネルギー変換など,次世代デバイスを開発するためには,自然生物系における分子認識を光学的,電気的および電気化学的に解釈することがとても重要です。

私たちのグループでは,ナノ粒子,機能性ポリマーや生体分子,細胞を用いたナノバイオアセンブリ技術を通して,生物系における「化学」の理解と利用について研究しています。研究ツールとして,様々な化学(物理化学,無機化学,分析化学,電気化学,生物化学,高分子化学など)を必要とします。

      News

8 Nov. 2019
 PUBLISH (AWARDS) The International Joint Meeting of the Polarographic Society of Japan(PSJ) and National Taiwan University(NTU) Excellent Poster Award(第65回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会優秀研究発表賞),石木健吾君 Kinetics of Intracellular Electron Generation in Shewanella oneidensis MR-1UP
13 Sep. 2019
 PUBLISH (AWARDS) 日本分析化学会大68年会若手ポスター賞,齊藤真希君,金ナノ粒子とセルロースナノファイバの複合化による新導電材料の開発
28 Aug. 2019
 PUBLISH (PAPERS and RESEARCH) update
10 Jul. 2019
 PUBLISH (AWARDS) Hot Article Award (表紙掲載), D. Q. Nguyen, X. Shan, M. Saito, K. Iwamoto, Z. Chen, H. Shiigi,* Evaluation of Surface Structure of Escherichia coli Using Polypyrrole Matrix, Analytical Sciences, 35(7), 763-767 (2019) .
25 Jan. 2019
 RESEARCH (PRESS RELEASE) 金ナノ粒子とセルロースの複合化による新しい素材開発に成功!―破れない金箔!―
22 Nov. 2018
 PUBLISH (AWARDS) 第64回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会優秀研究発表賞(口頭発表部門),石木健吾君 Shewanella oneidensisが放出する電子の定量的評価
2 Nov. 2018
 PUBLISH (AWARDS) 日本分析化学会近畿支部65周年記念奨励賞,齊藤真希君,電気化学応答に基づいた微生物の呼吸活性評価
2 Nov. 2018
 PUBLISH (AWARDS) 日本分析化学会近畿支部65周年記念奨励賞,富山智大君,金ナノ粒子/セルロースナノファイバ複合膜の構造に関する考察
18 Oct. 2018
 RESEARCH (PRESS RELEASE) いつでも、どこでも、だれでも簡単に細菌を検出可能「ナノラズベリーを用いた標的細菌1個の高感度検出に成功!-安心・安全で豊かな社会の形成に貢献-」
26 Sep. 2018
 RESEARCH (PRESS RELEASE) テトラゾリウム塩を用いた細胞活性の電気化学的評価法を開発―検出限界を1万分の1倍上回る検出を実現!
24 Sep. 2018
 PUBLISH (PAPERS and AWARDS) update
25 May 2018
 PUBLISH (AWARDS) 第78回分析化学討論会若手ポスター賞,石木健吾君,テトラゾリウム塩を用いた細菌の電気化学的検出
10 Apr. 2018
 PUBLISH (AWARDS) Hot Article Award, X. Shan, T. Yamauchi, H. Shiigi, T. Nagaoka, Binding Constant of the Cell-shaped Cavity Formed on a Polymer for Escherichia coli O157, Analytical Sciences, 2018, 34(4), 483-486.
8 Apr. 2018
 MEMBER & PUBLISH (PAPERS and AWARDS) update
5 Apr. 2018
 RESEARCH (PRESS RELEASE) 金ナノ粒子による色変化で細菌の生物機能を評価 -細菌の生存度を目視でリアルタイムに測定-
17 Mar. 2018
 長岡 勉教授を囲んでの懇親会 平成30年3月17日(土)13:30−17:30@C10棟503大講義室 in 中百舌鳥キャンパス
16 Mar. 2018
 長岡 勉教授最終講義 平成30年3月16日(金)14:35−16:05@B3棟116中講義室 in 中百舌鳥キャンパス
7 Mar. 2018
 RESEARCH (PRESS RELEASE) 人工抗体の形成による特異結合型マイクロウェルプレートの開発 -用途に合わせテーラーメイドで迅速に標的細菌を検出-
2 Jun. 2017
 PUBLISH (PAPERS and AWARDS) update
11 Apr. 2017
 MEMBER & PUBLISH (PAPERS and AWARDS) update
27 Jun. 2016
 Prince of Songkla University (Thailand) の学生3名が帰国しました。See you again!
7 Apr. 2016
 MEMBER update
2 Mar. 2016
 Prince of Songkla University (Thailand) の学生3名が来日。4か月間一緒に研究します。
27 Nov. 2015
 PUBLISH (PAPERS and AWARDS) update
17 Apr. 2015
 MEMBER & PUBLISH update
17 Nov. 2014
 WEBPAGE renewal